2018年04月30日

夏休み、孫をハワイの小学校に体験入学させるのに必要な手続き

うん、もう5月なので夏休みの計画を立てるのかな?
孫娘をハワイの小学校に入れるには・・・・
昨年、だいたい調べたのに、息子は仕事が忙しくて実行できなかった・・・
今年は実現する旨のメールが届きました。
子供をハワイの公立小学校に入れるには2つのポイントがあります。
(1)学校区に住んでいることを証明する。
(2)必要な予防注射を済ませている。

この(1)のほうがやっかいでホテルやロングステイコンドなどで居住を証明するにはおおやさんの協力が必要となるので普通の方にはほぼ難しい課題かと思います。ご自分でハワイの学校区に不動産を所有しているのなら簡単です。私のところは孫が私の家に居住するということでノータリーと呼ばれる公証人のスタンプをもらって証明することになります。

そして(2)のほうは手続きだけなのでそんなにやっかいではありません。ハワイの公立校で必要としている予防注射を済ませたという証明が必要です。これはアラモアナにご夫婦で小児科のドクターをしている日本人の方がいらして、学校でもその方々をすすめられました。必要な予防注射が済まされていない場合は、予約をとって注射をします。この予約があれば学校の方は子供を登校させて良いそうです。注射が必要だと1本につき100ドルくらいするそうなので早めに調べたほうが良いです。

その他、日本の学校から問題児ではないことを書いた簡単なペーパーなどが必要なようです。

写真は今朝のアラワイ運河方面の写真です。
P4290001.JPG

posted by 吉田和子(ハワイの不動産) at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記