2019年05月09日

ハワイ、ホテルが減って、タイムシェアとバケレンが人気

モダンホテルがタイムシェアの会社に買収されたそうです。
モダンホテルの従業員78人が解雇されるというニュースがありました。
ハワイのツーリストの数は増えているのだけどホテルが減り、タイムシェアとバケーションレンタルが人気上昇中のようです。
ハワイはリピーターが多くて2回目以降に訪問される方は、ハワイの良さを体験するにはホテルステイよりコンドミニアムステイを希望される方が多いようなのでわかる気がします。
家族を持って、一生懸命、働いている従業員を解雇するなんてって思いますが時代の変化なのでしかたがないのかと思います。同時にサービス業ってなんなのかをハワイの人はもう一度、考えたほうが良いかも知れません。
カイルアで観光バスやタクシーが多くて、住んでいる人達の邪魔になるので街の中には観光関係の車を入れないようにする条例を作ったりとか・・・なんか違うのではないかと思います。観光客を邪魔に思うハワイの住民は観光業以外のお仕事なのかも知れません。そんなラッキーな人達がいるのかと思いますけど。
この島は、観光をもっともっと大切にすれば島全体がもっともっと潤うのではないかと残念に思います。

PC060005.JPG
posted by 吉田和子(ハワイの不動産) at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記