2019年07月19日

終わらない鼠との戦い!

一昨日の不動産の試験場は、アラモアナに近いとあるビルの中でした。そこは7階まで一般のエレベーターで上がり、そこから別のエレベーターに乗り換えると言うある意味不思議な建物の中のオフィスビルの中でした。1度、下見をしておいたので当日、あせらなくて良かったです。下見をしていなかったらきっとあせりまくったのではないかと思います。試験環境はけっこう厳しくて、私物は袋に入れられてその袋のジッパーに鍵をかけて自分の席に持っていくというシステムでした。席は1人づつブーツになっていてよくある図書館のようでした。午前中の8時からの試験に挑戦したのは、私の他にあと1人だけでした。4時間で150の質問に答えていくという方式で、質問はすべて、運転試験と同じ、4択です。過去問をさんざん、やったのでだいたい慣れていたのですが、知らない問題も出てけっこうあせりまくりました。落ちたかと思いましたが奇跡的に全国部とハワイ州の法令に特化した2つの試験に1回目で合格となりました。70点が合格ラインなので、たぶんギリで受かったのかと思います。
この試験場ですが、先に受けていた方がけっこう早く試験場をあとにしたので後半はお部屋に私が1人だけになりました。終わってから見直しなどもしていたので150個の問題を全部見直せないくらいのうちに時間切れとなってしまったのですが。隣の部屋には試験管がいてお話する声がたまに聞こえていましたが、そんなシーンとしたお部屋で、途中、カリカリと言う音がして試験どころではない恐怖感を感じてしまいました。私は何が嫌いかと言うと鼠が大嫌いなんです。昔、新宿で店をやっていた時も、以前、飲食店だったらしくて、かなりお掃除をしたのだけど、それでも鼠が出て大騒ぎをしたことがあります。今だから笑って話せますが、当時、鼠を退治してくれるだんなと鼠を廊下に閉じ込めて1対1で戦わせたことがあります。だんなさんが靴の下で捕らえたので、私が鼠殺しスプレーを持っておそるおそるドアをあけたというエピソードがあるんです。話を戻して、試験場のカリカリ音は、たぶん天井かなんかにあるコンピュータケーブルをかじっていた鼠ではないかと思います。
そんなわけですごいあせりまくって試験を終わらせたというわけです。
1回目の挑戦で受かったから良かったけど、何が嫌だってあのカリカリ音が一番、嫌でした。恐怖の試験となりました。
P6290003.JPG
posted by 吉田和子(ハワイの不動産) at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイの不動産