2019年07月22日

ハワイやり直し人生ができる

日本のお笑い芸人の謝罪会見を見て思ったこと。
今回の不動産セールス免許の勉強で思った。。。。
アメリカってけっこう、人生のやり直しができるんだなーって。
例えば、不動産取引で悪いこと、例えばお客さんを欺いたりすると、怒ったお客さんは裁判所に訴え、勝訴するとしますよね。そして裁判で勝って悪いことをしたエージェントから被害額を受け取る証書をもらえますよね。しかしその証書をもらえたらからと言ってその人から本当に被害額を受け取れるかはまた別のお話。そのエージェントが破産宣告をしたり財産を隠したりすると受け取るのはとても難しい状況となります。そんな被害者のためにハワイの不動産エージェントは不動産コミッションと言うところにそれぞれ少しづつ献金をすることになっていて、悪いことをしたエージェントから損金を受け取れない場合は申請すると一人5万ドルまで受け取れることになっています。ハワイの場合は不動産が高額なので被害額5万ドルなんてぜんぜん足りないかと思いますが、エージェントがやったちょっとした罰則ならこれで足りることもあるかも知れません。そんな罰を犯したエージェントのライセンスはこの被害金が不動産コミッションから支払われた時点で即停止となるわけです。こんな悪いエージェントは永遠に追放したほうが良いかと思いますが、そこが一度、反則を犯した人間にやさしいのがアメリカなんでしょうか。停止期間5年を経過して、被害者に支払った金額を利子を加えてコミッションに返金、そして再度エージェントの試験を受けて、受かると復帰できるんですって!
DSC_0000_BURST20190720172209580.JPG
posted by 吉田和子(ハワイの不動産) at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記