2020年05月23日

コロナと不動産業界

日本もアメリカもコロナ前とコロナ後の違いとかニューノーマルとかいろいろ言ってますが。
不動産業界に関して言えば、ステイホームが発令されて、2週間くらいで業界は大騒ぎになり、これからはなんでもディジタライズ(PCを使った)の世界になるんだそうで・・・。
そもそも不動産業はエッセンシャルかどうかもあいまいで誰もはっきりした答えはなくて。一つだけはっきりしていたのは、「全員がセーフでないといけない」と言うこと。
そんなわけで、オープンハウスはバーチャルになり・・もともとネット検索はかなり進んでいた業界なのだけど、それが更に進化しているようです。写真だけだと実物よりよく見える写真を掲載したりできるけど、ムービーになるとそれはかなり実際と変わらないとは思うけど。これからもっともっと進化してくると実際よりきれいに見えるムービーも出てくるかもしれません。
家を購入するとなると、実際には家だけでなくて近所とか、コンドミニアムだったらエントランスのあたりとか廊下とかエレベーターとか気になります。それらも上手にまとめたムービーも出てくるかも知れません。
それから気になる日差しの入り方なんかもそういったソフトが出てくるかも知れなくて、わざわざ、朝昼夕方に実際に行って見るとかしなくても良くなるかも知れません。
不動産の検索はほとんどお客様が自分でするとなると、エージェントがお手伝いできるのは実際の契約となるかと思いますがこれもほとんど完璧にできるソフトウエアがあります。それなら誰でも良いではないか。セールスの人はいらないのでは。PCができて必要な書類をすぐに出せる優秀な事務がいれば充分?このへんがよくわからない部分です。
自分が買う立場だったらと思うと、事務員から買うかコンサルティングしながらお話を進めてくれるエージェントから買うか?不動産の購入には20年前と違ってたくさんのステップがあります。それを一つ一つ丁寧にやってくれる人がいいのは確かです。

1136.jpg
最後まで読んでいただきありがとうございます。ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村


Nohona Hawai'i ハワイ生活・・癒しのハワイに住もう!



ハワイ州ランキング

★ ★ ★
カイナハレ・ハワイ不動産所属、吉田和子
(REALTOR-Salesperson / RS-82256)
Kainahale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Ave ., Suite 1001 Honolulu, Hawaii 96815
電話番号:808-203-9510(日本語直通)
日本語メール:kyoshida@kainahale.com
ハワイにて不動産のご購入&ご売却は
吉田和子をよろしくお願いします。
kyoshida@kainahale.comまたは、
808-203-9510まで日本語でどうぞ!

posted by 吉田和子(ハワイの不動産) at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイの不動産