2020年10月10日

(5)ハワイへの食料品の持ち込みについて

さて今日のテーマです。
飛行場における食料品のチェックは、ハワイではけっこう厳しいほうかと思います。
まず、機内で書かされる税関申告書です。このフォームには「食料品を持っていますか?」の質問があります。たいていの方はご存知かと思いますが肉類、肉のエキスを使った食料品の持ち込みは禁じられています。
アメリカ人は嘘が嫌いなので少しだけだからいいだろうと「いいえ」にチェックを入れて、あとでばれたらよくない結果となるので例えおせんべいが一枚でも「はい」にチェックを入れます。最近は移民官に「食べ物はどんなものを持っているの?」と聞かれますので、「おせんべい、和菓子、クッキー」などと答えます。これでノーチェックとなれば無罪放免ですが、チェックラインにならばされたら荷物検査となります。
この持込可か不可は時により変更されるそうなので、日本から大量の食品を持ち込む予定の方は随時チェックしたほうが良いかと思います。
日本の米国大使館の食料品持ち込みについてのサイトも参考になります。こうした情報を書いたサイトには肉類(牛、豚、鳥)は不可と書いたものが多いですが、鳥は最近はOKなのだそうです。ハワイ居住者がよくやるのはハワイに戻ってすぐに料理はきついので「釜飯の素」を持って行きます。牛豚でなく、魚介類を選べば大丈夫です。
DSC_0529.JPG
この他、毎年1ヶ月くらいのロングステイをされているベテランさんから昆布類の佃煮などいただいたことがあります。
滞在されるホテルに簡易キッチンがあれば電気釜があると思いますのですぐに料理ができます。無かったらフロントに言うと持ってきてもらえます。それでも無い場合は、お鍋でチャレンジしてください。Good Luck!
ハワイに頻繁に来られる方や、ビザがPendingの方など、トラブルになるのを避けるためにも食料品は持ち込まないほうが良いかと思います。ハワイは日本食品ならほとんどなんでもあります。わざわざ自分から問題を起こすことはないです。




最後まで読んでいただきありがとうございます。ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村


Nohona Hawai'i ハワイ生活・・癒しのハワイに住もう!



ハワイ州ランキング

★ ★ ★
カイナハレ・ハワイ不動産所属、吉田和子
(REALTOR-Salesperson / RS-82256)
Kainahale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Ave ., Suite 1001 Honolulu, Hawaii 96815
電話番号:808-203-9510(日本語直通)
日本語メール:kyoshida@kainahale.com
ハワイにて不動産のご購入&ご売却は
吉田和子をよろしくお願いします。
kyoshida@kainahale.comまたは、
808-203-9510まで日本語でどうぞ!


posted by 吉田和子(ハワイの不動産) at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2020ハワイ旅行の6つのヒント