2020年01月31日

ハワイの不動産の価格の動向にグラフを使う

今日は、不動産協会のコンピュータクラスに行ってきました。
熱気ムンムンのRobert先生のクラスです。今日は、最近、始まった統計グラフの作り方のクラスです。
例えばオアフ島全体のここ3年の売り物件の中間価格のレンジは以下のように表示されます。

こんなわけであがったりさがったりはあるもののじわじわと上昇ぎみではあります。
もっと細かいデータ表も出せるわけです。
お客さんによっては細かい数字が欲しい方がいらして、最近の不動産エージェントも大変です。
グラフを見せたところでこれが決めてになって成約とはいかなくてもグラフを見せられないより見せられた方がいいわけで、不動産の勉強会も熱気ムンムンです。
とりあえず、不動産で使うコンピュータ操作はマスターしようかと。
最近はいろいろなソフトがあり、上記のグラフもそうだけど、きれいに印刷したCMAと呼ばれる近所の売約済み物件を考慮に入れた価格の出し方チャートもエージェントの名前入りであっと言う間にきれいに印刷してお客様に提出する・・・これでワオーとお客様が言って契約書にサインをしてくれる・・・と言ってますがそんなに簡単にいくでしょうか。5分で印刷されたものをきれいなバインダーに入れて渡しただけで、納得するのかが疑問ですが、できないよりは良いのでやります。
私はローンの計算が苦手でだいたいしか言えないのだけど、昔、同じオフィスに、正確な数字をすぐに出せるエージェントがいました。私はわからなくなるとその人によく聞いていたのだけど、その方は何故かお客様がつかなくてまもなくオフィスを去っていきました。
★ ★ ★
カイナハレ・ハワイ不動産所属の吉田和子
(REALTOR-Salesperson / RS-82256)
Kainahale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Ave ., Suite 1001 Honolulu, Hawaii 96815
電話番号:808-203-9510(日本語直通)
日本語メール:kyoshida@kainahale.com
ハワイ不動産のご購入&ご売却は吉田和子
kyoshida@kainahale.comまたは、
808-203-9510までどうぞ!

posted by 吉田和子(ハワイの不動産) at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイの不動産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187105535
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック