2020年05月08日

疫病とハワイの歴史

以前にハワイのクワキニ病院のことを書いた記事がありました。
クワキニ病院はもともとハワイ在住の日本人の医療クリニックだったそうです。医師も看護師も全員が日本人でカルテも日本語だったそうで、当時、ハワイに移住した日本人にとっては頼みの綱だったのではないかと思います。1920年頃にヨーロッパで流行った疫病はハワイにも襲いかかり、当時の日本の政府がなんとか助けないといけないと、資金援助したそうです。それから半世紀が過ぎ、ハワイ政府が当病院に日本人だけでなくて他の人種も受け入れるよう要請、そしてハワイ州からの資金援助もあり、その頃にすべてのカルテは日本語から英語に切り替わり現在のような大きな病院になったそうです。その時に読んだ記事を捜すのですがなかなか出てきません。ざっくり書いてしまいましたが間違っているかも知れません。詳しい方はこのへんの歴史をもっと詳しく書いて日本語と英語の両方で残して欲しいです。
と言うわけでハワイはどんな苦難も乗り越えてきたので今回もきっと乗り越えることができるでしょうと言うのがハワイのエコノミストの意見です。

DSC_0071.JPG
★ ★ ★
カイナハレ・ハワイ不動産所属、吉田和子
(REALTOR-Salesperson / RS-82256)
Kainahale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Ave ., Suite 1001 Honolulu, Hawaii 96815
電話番号:808-203-9510(日本語直通)
日本語メール:kyoshida@kainahale.com
ハワイにて不動産のご購入&ご売却は
吉田和子をよろしくお願いします。
kyoshida@kainahale.comまたは、
808-203-9510まで日本語でどうぞ!
posted by 吉田和子(ハワイの不動産) at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイの不動産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187463268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック